イケメン!芸能ファッション雑誌たて読みレビュー最新の芸能人◇イケメン◇女優◇テレビドラマ動画やファッション雑誌レビューMAGAZINE
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
夏の“女装肌”は吸いつくような“うるぷる質感”でヘルシー&セクシーに!触れたくなる“パーフェクト生肌”ベースメーク


こんにちは!ご訪問ありがとうございます。


今回はファッション雑誌『美的』の記事をご紹介します。


美的(BITEKI) 2009年7月号 [雑誌]

美的(BITEKI) 2009年7月号 [雑誌]



夏の“女装肌”は吸いつくような“うるぷる質感”でヘルシー&セクシーに!触れたくなる“パーフェクト生肌”ベースメーク


気温も湿度も高くなり、ベースメークの不快指数も上がる一方。しかし“肌にこそ女力が宿る”といっても過言ではないほど、美肌が与える印象は強いもの。この夏は、トラブルなどみじんも見せず、一日中くずれず、それでいてぷるぷると艶やかにうるおう、そんな“パーフェクト生肌”でいきましょう!

biteki20090626-1.jpg

みずみずしくもくずれない“女装肌”のコツはツヤの足し引き
トラブルのない、うるおいに満ちた美しい肌は、それだけで女度を上げるもの。誰もが憧れる、そんな肌こそがこの夏の“女装肌”といえるでしょう。 

「私が考える“女装肌”とは、思わず触れたくなるような肌。決め手は質感。うるうる、ぷるぷるとしたみずみずしいツヤ感こそが、人を惹きつけるもととなるのです」(レイナさん)

透明感があり素肌っぽいのに、肌トラブルは見せない。みずみずしいツヤにあふれつつもくずれない。そんな欲張りな欲求をかなえる肌こそが、この夏目指したい“うるぷる生肌”。とはいえ高温多湿なこれからの季節は、どうしてもベースメークがくずれやすい季節でもあります。

「“女装肌”のポイントは3つ。まず、みずみずしいアイテムを使いながらも、抑えるべきところはしっかりと皮脂を抑えること。次に、使うアイテムをなるべく少なくして層を薄くすること。そして、ツヤが強すぎると逆にテカりに見えてしまうので、ツヤの足し引きが最大のカギといえます。ポイントさえ押さえれば、これからの季節に心地よい、軽やかな感触に仕上がりますよ」(レイナさん)
[美的7月号 P46~]

 
biteki20090626-2.jpg
ヘア&メークアップアーティスト
レイナさん

今夏、原田玲奈からレイナに改名。ナチュラルでありながらも洗練されたメークと、オリジナリティあふれる確かな理論で活躍中。


ご覧いただきましてありがとうございました。


幸運のバナーをポチッお願いします


ファッション雑誌美的
2009.06.27 Sat l ファッション雑誌 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

TB

TB URL
→http://iknews.blog121.fc2.com/tb.php/117-0aa3e794
この記事にTBする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。